スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

孫豚さん誕生!

昨日、孫豚さんが誕生しました!
うれしいですね。

自分のサポートしている子豚さんが稼げるようになるのもうれしいものです。これで子豚さんがより頑張ってくれれば、親豚の利益にもつながるわけですから!

豚ちょきは、まさにWIN-WINの関係です♪



話は変わりますが、Cashfiestaってご存知ですか?
以前危うく手を出しそうなことがあったのですが、すごい危険なサイトらしいです。
豚の貯金箱のサイト情報掲示板に記載されていました。
あぶなかった…。
こういう”海外リードメールは儲かる”といった類の情報は信頼しない方が良いですね。

スポンサーサイト

2007年01月24日 豚ちょき日記 トラックバック(0) コメント(26)

子豚集めの方法

子豚さんを集めよう


”豚の貯金箱”の醍醐味は、何といっても子豚さん集めでしょう。
初めて子豚さんとコンタクトが取れた時の喜びは相当のものです。

以下では、子豚集めの具体的な方法について解説していきます。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス豚の貯金箱


自己アピール編集

まず、第一にすべきことは”自己アピール”の編集です。
これは新規入会者が、親豚選びの参考にするものですから、重要度は高いです。
とはいうものの、いつでも再編集できますので、あまり考えすぎる必要もないでしょう。

”豚の貯金箱”のオフィシャルサイトにログインする前に、”新規会員登録”のバナーをクリックすれば、他の親豚の自己アピールをみることができます。猛豚賞で上位の親豚の方などの自己アピールを参照すると良いでしょう。

ちなみに、自己アピールを編集する際には、簡単に自分がどんな人物なのか説明する文章を入れたほうが良いと思います。その方が子豚に安心感を与え、登録しやすいからです。


ブログを作ろう

”自己アピール”に、自分のブログやホームページのURLを掲載できます。これは、新規入会者が、親豚選びに参照できるようにするためです。
できれば、新規入会者が”この親豚さんは豚の貯金箱やお小遣いサイトに詳しい人なんだなぁ~”を思ってくれるようなものを作りたいですね。

ブログが簡単ですのでお薦めですね。
”豚の貯金箱”専用のブログを作成した方が良いと思います。その方が、新規入会者により強く”優秀な親豚”であることをアピールできるでしょう。


”子豚ちゃん欲しいよ企画”に参加する

せっかく自己アピールやブログを作成しても、それを新規入会者に公開できなければ
意味がありません。
そこで、”子豚ちゃん欲しいよ”企画に参加することになります。

これは、豚の貯金箱の運営者が毎週行っている企画です。
これがもっともオーソドックスな子豚集めの方法です。この企画に参加すると、新規入会者が”新規会員登録”のバナーをクリックした際に表示される親豚候補に掲載されることができます。新規入会者があなたを選んでくれれば、晴れてあなたに子豚が誕生するわけです。


費用が子豚の人数に合わせて100円~600円かかります。最初は100円です。それ以降は、1人獲得すると次の企画の際には600円、5人となると500円という具合に減っていきます。なかなか商売上手ですね(笑)

管理人の経験では、1週間に最低1人は子豚が誕生しています。
ただし、お小遣いサイトのポイントが目当ての”やる気なし子豚”も多いです。登録名が意味不明の半角英数文字だったり、豚メールを送っても返信がない場合は、”やる気なし”子豚の可能性が高いですね。


SOS救済

この企画は、親豚のサポートが受けられない子豚が、他の親豚に”SOS救済”を求め、親豚をチェンジできるものです。

この企画の良いところは、獲得できる子豚さんが”やる気なし”子豚ではないことです。”はずれ”がないわけですね。

この企画も費用がかかります。参加自体に100ポイントかかります。そして、子豚を獲得すると300ポイントかかります。シルバー豚は200ポイント、ゴールド豚は100ポイントです。

企画に参加すると、SOS救済を求めている子豚に直接豚メールを送れるようになります。
一度参加すれば、子豚を獲得できるまでずっとSOS救済を求めている子豚にメールを送る権利が与え続けられます。


リードメール等に広告を出す

これは管理人は経験がありません。

リードメールを読んでいると、”○○ファミリーに入りませんか”などと題したものをよく見かけますよね。

多くの方が行っていることから有効な手段なのだと思いますj。


とりあえず代表的な方法を説明しました。
これ以外にも有用な方法はいろいろあると思います。ぜひ研究してみてください。

みなさんに子豚がたくさんできて、豚ちょきライフを充実することを願っています。

<a href=http://www.butachoki.net/?n=7114 target=_blank><img alt=お小遣い稼ぎ総合支援サービス豚の貯金箱 src=http://www.butachoki.net/Index/banner/468x60_5.gif width=468 height=60 border=0></a>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2007年01月24日 子豚集めの方法 トラックバック(0) コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。