スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

リードメール処理法

今回は、私が実践しているリードメール処理法について掲載します。
といっても、全部人真似なのですが…。


STEP 1 タブブラウザの導入

リードメールに限らず、お小遣いサイトにタブブラウザは必須ですね。
私は、”Sleipnir"を使用しています。

タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)コチラから無料でダウンロードできます


”unDonut”の方が軽いらしいですが、使ってないのでわかりません(笑)。
以下は”Sleipnir"の使用を前提に説明します。


STEP 2 設定をいじる

”Sleipnir"を導入したら、リードメールを処理しやすいように設定しましょう。

コチラのページを参考にしてみてください。
http://www.click-de.com/guide/tech-mail3.html

リードメール以外のお小遣いサイトのメール処理にも役立ちますよ。


STEP3 ショートカットキーを駆使する

マウスと以下のショートカットキーを併用すると便利です。

”Sleipnir"のショートカットキー
F2 左隣のタブへ移動
F3 右隣のタブへ移動
CTRL+F4  閲覧中のタブを消す
F5 閲覧中のタブを更新


STEP4 特別なソフトを導入

”リードメールを10倍早く処理する方法”というものがあります。
http://tinyurl.com/fujsv ←こちらよりダウンロードできます。

これはメール記載ののURLだけを抽出して一覧で表示させるソフトです。VBなどのプログラミングの知識のある方なら簡単にできることだそうです。

ダウンロードするには一定のメールマガジンに登録しないといけないことや”EdMax”というメーラーをダウンロードしなければならない等、ちょっと面倒です。それに迷惑メールが増えた気がする…。

使用した感想ですが、確かに早いです。でも、10倍ではないですね(笑)。なので、あまり期待しすぎないようにしましょう。
要は、リードメールをスクロールさせて、ポイントつきのURLを探す手間が省略できるというこです。ポイント付きではないURLも抽出されてしまうので、完全に省略できるわけではないですが…、”EA”や番号付きのURLをクリックすればだいたいOKでしょう。

作者さんのQ&A集です。参考にしてください。

Q1 このツールを使って一度展開した後、次の展開を行った時に
  前のメールリンクが出てきてしまいます。
  なぜでしょうか?

A1 このツールは受信ボックスに入っている全てのメールを読み
  取り変換します。
  以前に展開したメールは、ゴミ箱に捨ててから次のメールを
  読み込むようにして下さい。

Q2 chghttp.exe という実行をしても解凍がされません。

A2 chghttp.exe は圧縮プログラムでは無く、実行コマンドその
  ものです。受信ボックスにメールを取り込んだ後に、ダブル
  クリックして実行して下さい。

Q3 ヤフーよりメールを取り込んでいる最中にエラーが発生して
  中断してしまいました。どのようにしたらエラーが出なくなり
  ますか?

A3 ヤフーからのメール受信は、POPアップサーバーとのやり
  取りにおいてエラーが発生していると思われます。多分推測で
  は、受信しようとしているメールの数が多すぎる可能性があり
  ます。取り込んだメールを一度変換した後で、ヤフーのメール
  を削除して減らして、残りのメールを受信してみて下さい。

Q4 MAILLIST.HTMがどんどん大きくなっていきます。
  メールを削除してもゴミ箱を空にしても変わりません。

A4 EdMaxのコンパクションをしていない事が原因です。
  これは、受信ボックスを空にして圧縮する機能です。
  方法は以下の通りです。
  ①EdMax起動
  ②ツールを選択
  ③コンパクションを選択
  ④範囲【全てのアカウント】を選択
  ⑤OKを押す

  これはOutLookなどでもコンパクトって機能があります
  が、それと同じで受信ボックスの中を圧縮します。

  EdMaxの表示でメールが表示されていなくても抹消状態で
  受信ボックスには残ったままとなっています。
  これをコンパクションすることで全てがクリアされます


STEP5 まとめ

以上の設定で結構楽にリードメールを処理できるようになると思います。

ただし、メモリが少ないなどマシンパワーが弱い場合は、あまり一気にやりすぎるとフリーズ状態になってしまいます。私はノートパソコン、192MBのメモリだったので、よくフリーズしていらいらしていました。512MBのメモリを増設したらだいぶ良化しました。でも、やはり一気にやりすぎるとフリーズしてしまいます。


私は以下のように、処理しています。

①まずは、10~20個ぐらいのURLをクリックし、タブブラウザで閲覧。下の方、つまり直近できたばかりのリードメールのURLからクリックする。数字認証をまずしてしまう方が効率が良いからである。

②40~50個ぐらいのURLをクリックし、タブブラウザで閲覧していく。F3で移動しながら、閲覧済みや期限切れのものはCTRL+F4で消していく。また、”同時に閲覧できません”などと表示されているものはF5で更新して次へ進む。

③1周したら、②の作業の繰り返し

④全部終了したら、メールをゴミ箱に移動させ、コンパクションを実行。

以上を実行しても、すべてのリードメールサイトのメールを処理するのは骨が折れますね。やはり、サイトの絞込みも重要だと思いますよ。


参考になりましたでしょうか?
 もっと良い方法をお知りの方はぜひ教えてください♪
だれか完全自動化ソフトを作成してくれないかな~(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト

2006年11月27日 リードメール処理法 トラックバック(0) コメント(1)

Sleiphir導入しました!丁寧な解説で分かりやすかったです!
これから練習して素早く捌けるようになれると良いな^ω^
ショートカットのCtrl+F4キー が遠いよ・・・´ω`

2006年11月27日 LITA♪ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。